パソコンの処分・廃棄方法とは?データの消去・移行についてもご紹介!

TOP>お掃除コラム>パソコンの処分・廃棄方法とは?データの消去・移行についてもご紹介!

最近、巷で話題の新しいパソコンに買い替えたい!

そのため、長年愛用しているパソコンが不要になってしまった…。

しかし処分を検討するにしても、デスクトップやノート等、機種のバリエーションも豊富にあるため、「どのように捨てるべきなの?」とお困りの方も多いでしょう。

パソコン内に保存されているデータの取り扱いについても、きちんと他の端末に移行や消去ができるのかは、だれもが気になるところですよね。

そこで今回は、そういう悩みを抱えている方のために「パソコンを効率よく廃棄処分する方法」をご紹介します!

また、データの消去や移行のやり方、下取りの価格はどれくらいなのか、処分を依頼する際の業者の選び方について、詳しくまとめてみました。

パソコンの処分・廃棄方法とは?

インターネットが普及している現代社会において、パソコンは欠かすことのできない必須アイテムとなっています。

もはや、私たちの「生活必需品」とも言えるべき重要な存在です。

それほど大切なパソコンは、一体どのように廃棄処分するべきなのでしょうか?

さっそく、具体的な方法を説明したいと思います!

メーカーに処分を依頼する

2000年に「資源有効利用促進法」が制定されて、パソコンを製造しているメーカーは不要になったパソコンを回収する必要があるという義務が課せられました。

その法律に基づくと、「PCリサイクルマーク」が付属している場合には、メーカーが無料で回収を行ってくれるのです。

こちらは、2003年以降に出荷された家庭用パソコンにのみ貼り付けられています。

依頼したいのであれば、自分が購入したブランドのメーカーの窓口へ直接電話をかけるか、ホームページにて問い合わせてみると良いでしょう。

また申し込みから回収までには、1~2週間ほど費やす可能性があるため、あらかじめ了承を得た上で、申し込みするようにお願いします。

家電量販店の下取りを活用する

これから新しいパソコンを購入したいと考えている場合には、家電量販店の下取りサービスを活用しましょう。

廃棄処分とは異なって、店舗で下取りをしてもらうことで値引きが発生し、新品のパソコンをお得な価格で購入できます!

例を挙げると、大手の家電メーカーである「ヤマダ電機」や「ビックカメラ」、そして「ヨドバシカメラ」などで対応しているため、ぜひ問い合わせてみてくださいね。

店舗のカウンターまで直接持ち込んだり、宅急便にて郵送したりと、お好きな方法で下取りを行ってもらいましょう!

ちなみに、データの移行と消去に関しては、対応できる店舗とできない店舗があるので、事前に確認しておくのをオススメします。

自治体の回収ボックスを利用する

処分にかかる費用を抑えたい方は、自治体の回収ボックスを利用しましょう。

平成25年に指定された「小型リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、カメラやプリンターなどの小型家電に含まれる有用金属は、再利用しなければならないという決まりができました。

こちらの法律に則ると、端末のデータ消去は自己責任で行う必要がありますが、原則として処分にかかる費用は無料になっています。

自治体の回収ボックスが家の近所にあれば、ぜひ持っていきましょう!

しかし、ノートパソコン等の小型サイズしか受け付けていないことが多く、デスクトップやモニター型は処分できない場合があるのでご注意ください。

買取業者に買取を依頼する

買取の専門業者に依頼すれば、中古のパソコンであっても売却することができます。

小型サイズのノートはもちろんのこと、デスクトップやモニターなどの大型サイズにも対応していますので、処分できずに困るという状況に陥ることが少ないです。

しかし、あまりに故障が酷いパソコンや販売年数の長いパソコンは、買取ができない場合があるため、事前に業者へ問い合わせをお願いします。

また、近年では「Apple社のMac Bookシリーズ」等が大人気なので、高額で買取してもらえる可能性が高いです。

不要だからと言ってすぐに廃棄処分はせず、一度査定を申し込んでみるのが良いでしょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

手間や労力をなるべくかけずに、パソコンを効率よく処分したいのであれば、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです!

自分で家電量販店や自治体に持っていく必要がないため、お仕事で時間の取れない方もスムーズに作業を進めることができます。

「パソコンが大型サイズで運び出しに困っていた。」という女性やご年配の方でも、業者が運搬を行ってくれるので心配はいりません。

今ある自分の時間を大切にしたい方、そして、パソコンの処分に関する知識がなく困っている方は、ぜひ不用品回収業者をご利用くださいませ。

また、依頼すれば自宅まで必ず取りに来てくれますが、立ち合いは必須条件となっておりますので、1時間程度は空いている日を作っておくようにしましょう。

データの消去を行って情報漏洩を防ぐ

 

パソコンを廃棄処分するための方法を5つご紹介しましたが、捨てる前には必ずパソコンのデータをすべて削除しておくのがおすすめです。

私たちの利用した端末には、氏名、生年月日、性別、勤務先、メールアドレスや電話番号などの「大切な個人情報」が残されています。

さらに、USBメモリーに保存した写真、銀行口座やクレジットカード情報なども含まれるのです。

それゆえ、もしも消去せずにそのまま捨ててしまった場合には、個人情報が漏洩し、悪用されてしまう危険性があります。

また驚くことに、「ごみ箱」に捨てて削除したり、工場出荷状態に戻したとしても、残念ながら完璧にデータを消去することはできません。

この状態でも復元専用のソフトを使えば、削除した内容でもカンタンにデータが取り戻せてしまいます。

特にLINE、Twitter、Instagram等のSNSアカウントに登録している方は、消去を忘れないように注意しましょう。

それでは、トラブルに合う可能性を未然に防ぐためにも、安全なデータの消去方法をご紹介していきます。

データを消去するソフトウェアを利用する

現在、データ消去専用のソフトウェアは、個人情報を漏洩させないために世界各地で利用されています。

こちらはハードディスクに無意味なデータを上書きするのが特徴であり、「ランダム書き込み方式」、「米国国家保障局方式」や「米国陸軍方式」など、さまざまなパターンの方式を選択することが可能です。

名前だけ聞くと難しく感じるかもしれませんが、一般家庭の方や個人事業主の方でもカンタンに使用できるソフトがあるのでご安心ください。

しかし、各メーカーによって消去プログラムは異なるため、詳しい内容を知りたい方は「一般社団法人 パソコン3R推進協会」のホームページをチェックしてみてくださいね。

協会の会員たちが、厳選した方法を分かりやすく紹介しているので、パソコン初心者にもおすすめです!

またソフトウェアを利用してデータを消去する場合は、すべての工程において自己責任となるため、慎重に注意して作業を進めるようにお願いします。

装置を利用してHDDを破壊する

強磁場を発生させる「電磁波粉砕機」などの専用機械を使えば、HDD(ハードディスクドライブ)の電気信号を破壊され、データの消去を行うことができます。

全く起動できないハードディスクでも、不備なくデータの消去ができるという優れた装置です!

こちらは特殊な専用機械を使用するので、個人での使用は難しいのですが、依頼を受け付けている業者もあるため、ぜひ問い合わせしてみましょう。

物理的な方法でHDDを破壊する

パソコンのデータを記憶しているHDD自体を、物理的に破壊するという方法もあります。

本来ハードディスクに備わっていた保存機能を消失させることで、データの読み取り不可な状態にします。

この方法は、正しい知識を持っていないとケガをする可能性もあり、個人で行うには少々危険な作業になるため、必ず業者に依頼するようにしましょう。

データ移行はどうすればいいの?

これまでデータの消去方法について見てきましたが、中には残しておきたい大事なデータもありますよね。

買い替えたいのであれば、古いパソコンから新しいパソコンへデータを移行しなければなりません。

もしも作業を怠った場合には、バックアップをするのも大変難しくなり、データを取り戻せなくなる状況になることも十分にあり得るのです。

そのようなトラブルを防ぐためにも、移行の方法をくわしくご紹介します。

重要なポイントを簡潔にまとめましたので、是非ご覧ください!

自分でデータを移行する

USBメモリーやSDカード、またCDやDVDを用いれば、手動でデータの移行を行うことができます。

自分の好きな情報だけをピックアップして移行できるため、少ない容量のデータを移行したい場合にもおすすめです。

この方法は、古いパソコンからUSBへデータのコピーを行い、新しいパソコンへUSBを差し込んでデータを移すだけで完了します。

また、いつでも持ち運べるように、大切なデータを保管しておくためのUEBメモリーを常備しておくと良いでしょう。

そうすることで、急に問題が起きたとしても、すぐにバックアップ作業を行うことができますよ。

Windows転送ツールを利用する

Windowsのパソコンには、もともと搭載されている転送専用ツールがあります。

この「Windows転送ツール」を利用すれば、現在使っているパソコンから新しいパソコンに、幅広い種類のデータを転送することが可能です。

引き継げる内容を具体的に説明すると、メール、ユーザーアカウント、音楽リスト、ビデオ、写真(画像)、お気に入り、ドキュメント(ExcelやWord)などができます。

把握漏れの無いように、しっかりと覚えておきましょう。

有料ツールを使う

有料のツールを購入すれば、カンタンにデータの移行ができます!

使い方はとても分かりやすく、古いパソコンと新しいパソコン両方にソフトをインストールして、ケーブルをつなぎ接続するだけです。

あとは、画面の指示に従いながら、適切な処置を順番に行いましょう。

しかし、突然壊れて起動しなくなったパソコン等は、ツールのインストールが不可能な状態にあるため、データの移行ができません。

自分のパソコンの状態を確認した上で、購入するべきなのかを再度ご検討ください。

持ち込みの必要がない不用品回収業者を活用しましょう!

パソコンを処分するついでに、「他の家具や家電も引き取ってもらいたい!」という方もいるのではないでしょうか?

特に引っ越しや年末年始で大掃除を行った際には、想像よりもたくさんの不用品が出てきてしまい、今後の処分方法に困るときがあるかと思います。

そういう場合には、持ち込みの必要がない不用品回収業者を活用するのがおすすめです!

家電量販店や自治体では味わえない、独自のサービスを体験することができますよ。

不用品回収業者に関する知識を深めてもらうために、どのようなメリットとデメリットがあるのかをまとめましたので、ぜひチェックをお願いします!

不用品回収業者に依頼するメリット

まず、パソコンを不用品回収業者に依頼する場合のメリットを見ていきましょう。

①好きな日程に調整して貰えるので、急なスケジュールの変更にも対応できる!

自治体の回収を予約する場合には、粗大ごみの日時も定められているし、回収頻度も月に1~2回という少なさなので、対応に困ることも多いでしょう。

しかし、不用品回収業者であれば、自分の指定する時間に取りに来てもらうことができます。

さらに、即日対応可能な場合もあり、突然のトラブルにも柔軟に対応してもらえるので、お忙しい方には助かるのではないでしょうか!

②搬出作業を行ってくれるので、無駄な労力をかけずに不用品を処分できる!

不用品回収業者は必ず自宅まで訪問し、回収サービスを提供してくれます。

それゆえ、パソコンをわざわざ店舗に持っていく必要もなく、搬出作業もしなくて良いため、労力をかけずに処分を済ませることが可能です。

③他のゴミもまとめて処分できる!

不用品回収業者は、パソコン本体だけに限らず、マウスやキーボードなどのパーツ処分も依頼できます。

さらにテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機、ベッドやタンスなどの重いモノを、一括で処分することが可能です!

家電リサイクル法により回収できない不用品でも対応可能な場合があるため、とても便利なサービスだと言えるでしょう。

④部屋を傷つけてしまう可能性を防止できる!

素人が部屋から大型の家具を運び出す場合には、うっかり壁にモノをぶつけてしまったという事案が良く見られます。

落としてキズを付けてしまう可能性もあることでしょう。

パソコンの液晶画面(モニター)は割れやすいので、落としたらケガにつながる確率もあります。

また、アパートやマンションなどの賃貸であれば、管理会社に修理費用を請求されることにもなりかねません。

不用品回収業者に依頼すれば、そのような状況を防ぐことができるので、非常に便利です!

不用品回収業者に依頼するデメリット

パソコンを不用品回収業者に依頼するメリットを紹介してきました。

しかしながら、デメリットもいくつかは存在しますので、注意点を踏まえた上でご紹介したいと思います。

①不用品の処分費用が他のサービスよりも高い

不用品回収業者は民間で行われているため、自治体と比較すると回収にかかるお金は高くなってしまいます。

処分場に持ち込んだりする時間はかからないので、「お金よりも時間を大切にしたい方」向けと言えるでしょう。

もしも最安値に近い料金で処分がしたいのであれば、自分でごみ処理施設へと持っていきましょう。

②悪徳な商売を行っている業者に騙される危険がある

大変残念ながら、現代の不用品回収サービスの発展に伴い、一定数の悪質な業者が出てきているようです。

「完全無料ですよ。」と言われて、安く済むと喜んでいたにも関わらず、後から高額な請求をされたというケースも存在します。酷いときには、不法投棄されることもあるようです。

そのような状況に陥らないためにも、見積もりの段階からきちんと査定を行ってくれる、質の良い業者選びを心がけておきましょう。

デメリットは以上になります。

上記で解説した内容を比較しても、不用品回収業者に依頼するときはメリットが多いと言えるでしょう。

まとめ

「パソコンを効率よく廃棄処分する方法」をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

スムーズに廃棄処分を行うには、自治体の回収ボックス、家電量販店、そして不用品回収業者などさまざまな解決方法がありましたね。

さらに、大切な個人情報を守るためにも、データの移行や消去も怠るべきではないことが分かったと思います。

これまで説明した情報を踏まえた上で、自分の気に入ったプランを利用するのがベストですね。

しかし、私たちが安全で損をしないようにパソコンを処分するためには、比較的融通の利きやすい不用品回収業者に依頼するのが、一番良い方法だと言えるでしょう。

2019年9月26日更新
お問い合わせ TEL.0120-75-1199 大阪市東住吉区針中野3丁目1-25 解体工事 不用品回収 引越しゴミからゴミ屋敷までお引き受けいたします 事務所整理 倒産整理やビル1棟の大規模回収までお任せください 特殊清掃 一つ一つの思い出を大切に整理を行います ハウスクリーニング 掃除のプロがピカピカにします ごみ処理コストの見直し 不動産そのまま買取
対応エリア

大阪府

大阪市・旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区 池田市・泉大津市・泉佐野市・和泉市・茨木市・大阪狭山市・柏原市・門真市・河内長野市・岸和田市・四条畷市・堺市・島本町・摂津市・大東市・高石市・高槻市・忠岡町・豊中市・富田林市・寝屋川市・羽曳野市・東大阪市・枚方市・藤井寺市・松原市・箕面市・守口市・八尾市

兵庫県

神戸市(灘区・東灘区・中央区)・尼崎市・伊丹市・川西市・西宮市・芦屋市・宝塚市

※対応エリア外は一度お問い合わせください。