大阪・兵庫の建物解体工事・不動産買取ならかたづけレスキュー隊

TOP>お掃除コラム>平屋って売れるの?高く売るコツと税金について解説!

「実家が一戸建ての平屋なのですが、どれくらいの値段で売れるか分からないので教えてほしい。」

「平屋の住宅を売却したいけれど、できるだけ高い値段で買い取って貰いたいのでコツがあれば知りたい。」

上記のように、平屋を高く売る方法について悩んだことはありませんか?

家を売却すること自体、普段あまり経験しないことですよね。

特に築古物件となると、きちんと値段を付けて貰えるのか不安になる方も多いでしょう。

そこで今回の記事では、「平屋を高く売るコツ」などについて解説します。

売却相場や税金などもまとめましたので、平屋の売却で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

平屋をなるべく高く売却するコツについて


相続、介護、住み替え、離婚などのように、さまざまな理由で家を売却する方がいますが、どの状況下でも共通して言えるのは、「できるだけ高い値段で家を売りたい」ということです。

でも、何をすれば高く売れるのか分からない人がほとんどでしょう。

そこで、平屋を高く売るための3つのコツをご紹介します。

更地にして土地のみ売る

築年数20~25年以上になる住宅が平屋の場合、一般的に市場価値がほとんどありません。

そのため、売却したい平屋が築20年を超えるときには、解体して更地にするほうが高く売却できる可能性が高いです。

買い手からすれば、新築を建てる際に建物を解体する費用や手間が必要ないので、すぐに活用できる更地は、築年数20年以上の木造住宅よりも人気があります。

また、通勤・通学やショッピングなどで利便性の良い土地だと、住宅用地としての需要があり、高値でも購入したい買い手が見つかるかもしれません。

平屋を解体せずに売却するか、更地にして売却するか迷っているなら、不動産業者にどうするべきか相談するのがおすすめです。

リフォーム・修繕をして売る

物件の状態が古いままだとなかなか高く売れませんが、リフォーム・修繕をすれば高く売れる可能性が上がるかもしれません。

しかし、中古物件の価値は年々下がっていくため、新築と比べて買い手が見つかりにくくなります。

また、そのリフォームの方向性が買い手の希望に合っていなければ、売れないというリスクがあるのでご注意ください。

不動産買取業者に売却

自分で売却準備を整えて買い手を見つけるとなると、相当な労力と時間を費やしてしまいますが、不動産会社に売却すれば、売却にかかるまでの作業をすべて業者に委ねることができます。

業者を挟むような形になるので、どうしても利益は少なくなりますが、買い手を見つけるまでの面倒さを省けることは相当なメリットになることでしょう。

平屋の売却相場とは?

不動産取引には「買取」と「仲介」があり、各取引によって住宅を売却した時の相場が異なります。

一般的に買取は、仲介の相場の約7割ほどです。

また、木造や鉄筋コンクリート造など、建物の構造によっても売却相場は異なりますので覚えておきましょう。

平屋を売却する時にかかる税金について


平屋を売却して利益が出た場合、必ず税金がかかります。

しかし「税金」と聞くと難しい印象があるため、「家を売却したら税金はどれくらいかかる?」と心配している方も多いのではないでしょうか?

そこで、以下に家の売却で発生する税金の種類をまとめてみました。

印紙税

印紙税とは、売買契約書に貼る印紙のことです。

定められた金額の印紙を貼って消印することで、納税したと認められる仕組みになっています。

ちなみに、印紙税は印紙を購入費用に含んでいるため、購入時に支払っている状態です。

もしも払わなければ、3倍ほどの過怠税を払わなければならなくなるのでご注意ください。

消費税

消費税の課税対象になるのは、日本国内で事業者が事業として対価を得て行う取引です。

商品とサービスだけではなく、資産の譲渡も取引に含まれるので覚えておきましょう。

また、あなたが事業者ではなく個人事業主の場合、売却自体に消費税はかかりません。

しかし、不動産会社に支払う仲介手数料や消費税が発生するので、取引の際には必ずご確認をお願いします。

相続した場合は、相続税

自宅をそのまま相続した場合も税金がかかります。

家の名義変更(相続登記)、住民票や印鑑証明書などの必要書類所得にかかる費用を用意しなければなりませんので、細々とした料金がかかることを覚えておきましょう。

3000万以下の譲渡所得は税金が掛からない

戸建てやマンション・アパートなどマイホームの売却する時に、譲渡所得から3000万円まで差し引ける特例があります。

この特例を利用すれば、譲渡所得にかかる税金は以下のような計算式で求めることが可能です。

「税額=(譲渡所得-3000万円)×税率」

そのため、譲渡所得が3000万円以下である場合は、所得税と住民税は課税されません。

また、この特例を受けるには以下の条件を満たす必要があります。

【3000万円特別控除の適用条件】
・住まなくなったら3年以内に売却する
・売るまでにその土地を活用して利益を得ていない
・販売者と購入者が親子など特別な関係でない
・売却年から3年前までにこの特例を受けていない

売却資産の所有期間の長短に関わらず受けられるため、ほとんどの方が適用可能です。

しかし、この特例は一度受けると、その後2年間は再適用を受けられなくなりますのでご注意ください。

2世帯平屋の売りやすさについて


二世帯住宅の平屋は、親と同居を考える人たちに注目されています。

さまざまな同居形態があり、一つ目は寝室以外のスペースを共有する「完全同居型」。

二つ目は、浴室など設備の一部だけ共有する「部分共有型」。

三つ目は、敷地内に2つの建物を有する「完全分離型」です。

親世代との同居を視野に入れ、物件を探しているファミリー層は多いので、買い手は見つかりやすいと言えるでしょう。

新築で二世帯建てるのはとても大変なことですが、中古であれば手も届きやすく魅力的です。

売却されにくいと考えている平屋や二世帯住宅ですが、どんどんニーズは高まっています。

平屋の売却ならかたづけレスキュー隊におまかせ


「平屋の物件を売却したいけれど、どれくらい費用を準備すればいいのかわからないので、専門業者に依頼して正確な見積もりをお願いしたい。」

「平屋の売却を考えているけれど、自分一人では費用の計算も難しく、税金や確定申告等もどのように対処すればいいのか悩むので、くわしく説明してくれる業者に相談したい。」

上記のように、家の売却について悩みを抱えてはいませんか?

物件の売却は普段あまり馴染みのないことですし、いざ買取作業を進めるとなると心配事も多く、どのように対応するべきなのか困ってしまいますよね。

私たちはさまざまな建物の買取作業をお請けしており、各種公的な必要書類の作成や提出、さらに近隣への挨拶回りまで、すべてワンストップサービスで対応しております。

どこの業者よりも満足度の高いお見積もりを目指しており、最初から最後までホスピタリティ溢れる丁寧な対応を致しますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

まとめ


これまで「平屋を高く売るコツや税金」などについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

実家の物件を売却したい時には、まず必要書類の準備を行い、業者に査定依頼を申し込みます。

それから正式に売買契約を結び、業者に引き渡しを行って貰いましょう。

また、さまざまな費用や税金がかかってくるため、自分の売りたい物件には何が必要になるのか、しっかりと確認しておくことが重要です。

特に、売却にかかる費用は不動産会社によっても異なりますので、自分が安心して依頼できる業者を選ぶようにしましょう。

2021年6月30日更新
お問い合わせ TEL.0120-75-1199 大阪市東住吉区針中野3丁目1-25 解体工事 不用品回収 引越しゴミからゴミ屋敷までお引き受けいたします 事務所整理 倒産整理やビル1棟の大規模回収までお任せください 特殊清掃 一つ一つの思い出を大切に整理を行います ハウスクリーニング 掃除のプロがピカピカにします ごみ処理コストの見直し 不動産そのまま買取
対応エリア

大阪府

大阪市・旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区 池田市・泉大津市・泉佐野市・和泉市・茨木市・大阪狭山市・柏原市・門真市・河内長野市・岸和田市・四条畷市・堺市・島本町・摂津市・大東市・高石市・高槻市・忠岡町・豊中市・富田林市・寝屋川市・羽曳野市・東大阪市・枚方市・藤井寺市・松原市・箕面市・守口市・八尾市

兵庫県

神戸市(灘区・東灘区・中央区)・尼崎市・伊丹市・川西市・西宮市・芦屋市・宝塚市

※対応エリア外は一度お問い合わせください。