大阪・兵庫の建物解体工事・不動産買取ならかたづけレスキュー隊

TOP>お掃除コラム>土地売却相場に関わる重要ポイントは?費用や税金についても解説



「使わなくなった農地(田んぼ)を売却したいと考えているのですが、土地売却するのであれば相場はどれくらいになる…?費用や税金などについてくわしく知りたい。」

「両親が農業を営んでいたが、父が急病で倒れこんでしまい土地の後処理などがまったく出来ていない状況になった…。そこで実家と土地の売却を検討しているが、どのように売却したらいいのか全くわからないので教えてほしい。」

上記のように、土地(農地)の売却相場に関するお悩みを抱えてはいませんか?

土地(農地)を売却する機会は、人生において何度も経験することではないので、費用や税金がどれくらいかかるのか分からないという方がほとんどでしょう。

そこで、今回の記事では「土地売却相場に関わる重要ポイント」について中心に解説します。

「土地を売却する際の流れ」などもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

使わない土地をよりよく売却するためにも、ここでしっかりと知識を付けておきましょう。

土地売却相場に関わる重要なポイント


土地を売却したいときには、まずどれくらいの値段で所有する土地が売れるのかを調べることが大切です。

ここでは、まず土地の相場を決める際に関わる重要ポイントをご紹介します。

1. 広さ
土地の面積が広ければ広いほど、売却相場も高くなるのが一般的です。

しかし、ただ単に広げれば高い値が付くという訳でもなく、購入者が希望するニーズに合った広さであるかも重要になります。

例えば、もしもマンションを建てたい人が多いエリアで販売を行った場合、マンションを建てるのに適している広さの土地が人気です。

そのため、一戸建てを建てたい人が多いエリアであれば、一戸建てに適している広さの土地が、早め且つ高価格で売れる確率が高まります。

2.方位(土地の向き)
土地の向きは、前面道路と接する方位によって判断されます。

南側が道路に面している土地が最も高くなり、東・西・北の順で売却相場が低くなるのが一般的です。

3.形状
たとえ土地の面積が同じであったとしても、土地の形状によって売却相場は変わります。

一番高く売れるのは、使いやすい長方形や正方形などの整形地です。

三角形や旗竿地などのように変形した土地は売却相場が低めになります。

4. 建ぺい率・容積率
同じ面積の土地であっても、建ぺい率と容積率が高ければ高いほど売却相場は高くなります。

建ぺい率と容積率が高くなると、それだけ床面積の大きな建物を造ることができるからです。

5.再開発
再開発で土地の利便性が向上していくと、売却相場は高くなる傾向にあります。

再開発後に値段が高くなるだけではなく、計画を考えている段階でニーズが高まり、売却相場が高くなることもあります。

6.周囲の取引事例
土地の売却相場は、周囲の取引事例によっても影響を受けることができます。

周囲で高価格で取引された事例があれば、そのケースに引っ張られて値段が高くなり、逆に安値で取引されていると売却相場が下がることもあります。

7. 最寄り駅からの距離
土地の売却相場は、立地条件に大きく左右されます。

その中でも最寄り駅からの距離は、最も重要な要素の一つであり、駅から近めの場所に土地があるほど売却相場も高まります。

土地売却のパターン


土地の売却には、基本的に以下の2パターンがよくあります。

古家付きの物件として売却するか、もしくは仲介か買取するパターンです。

古家付土地で売却するか、更地にして売る

土地を売却するときには、元からその土地に築古物件が建ったままの状態になっていることがあります。

でも、築古物件を売るときは価格が付けられないことが多く、土地のみの価格で売却するケースが多いのが実態です。

さらに、日本の中古住宅市場では、欧米よりも建物の価格が早めに下がると言われています。

特に木造の一戸建て住宅は、築20年前後で価格がゼロになることがほとんどです。

そのため、築20年以上の一戸建てを売却したいときは、必然的に「古家付きの土地」として売却することになります。

結果として考える必要があるのは、建物を解体して更地の状態に売却するのか、古物件付きの土地のまま売却するかという点です。

古家付きとして売るメリットは、解体する必要がないので解体業者に依頼する手間暇がかからないところ。

その一方で、更地にして売るメリットは、土地を活用するイメージがつきやすくなるため、買い手が付きやすいところだと言えます。

どちらを選ぶかは利用者の好みになりますが、あまりにも物件が古い場合には、できるだけ更地にして販売する方がすぐに買い手が見つかるでしょう。

仲介か買取

要らない土地を売るときには、不動産会社と契約して個人の買い手を見つける「仲介」を選ぶのが一般的です。

仲介手数料は必要になりますが、チラシの作成や購入希望者の集客などの販売活動、そして契約書の作成も、すべて業者に任せることができるのは大きなメリットだと言えます。

仲介の場合は、販売を依頼する不動産会社選びがとても重要です。

知名度のある業者だからと依頼するのではなく、きちんと土地売却に特化している不動産会社を選ぶようにしましょう。

また、不動産会社に直接買い取ってもらう「買取」があります。

売り手と業者の間で価格交渉が成立すれば、すぐに買取作業へと進むことができるため、現金化までの時間がとても早いです。

「とにかく土地を早めに手放したい…!」と考えている方は、買取を検討してみてはいかがでしょうか?

土地を売却する際の流れ


では、土地を売却する際の流れをご紹介します。

大まかな流れは一戸建てとマンションとも同じですが、土地ならではのポイントを重点に置き、分かりやすくまとめてみました。

①  情報を収集する
土地の売却を考え始めた際には、不動産会社へ相談するよりも前に、できるだけ自身で情報を集めましょう。

土地を売る場合、立地条件はもちろんですが、隣接地との境界確認の有無、そして古家付きか更地か、相続した土地かがポイントになります。

まずは、土地の情報について一つずつしっかりと整理しましょう。

② 査定を行う
土地の情報を収集し、きちんと必要書類を揃えることができたら、一括査定サービスを利用し、複数の不動産会社で土地の査定依頼を行います。

査定される金額は業者によっても異なりますので、必ず複数社で見積もりを行って貰うのがおすすめです。

③ 契約して売り出す
査定を行ってくれた不動産会社の中から、売却サポートをしてくれる業者を決定したら、媒介契約を結びます。

契約形態は「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任契約」の3つです。

自分の希望する条件、売却希望時期を踏まえ、それぞれのメリットを理解した上で慎重に選びましょう。

土地売却する際にかかる費用や税金


土地を売却する時には、さまざまな費用や税金がかかります。

中には譲渡所得税や測量・解体費用、仲介手数料のように数十万以上かかるものもあるため、いくら必要になるのか目安を確認しておきましょう。

【土地を売却する時にかかる費用・税金】
・印紙税
目安費用:土地代金より10,000~60,000円

・登録免許税
目安費用:1件につき1,000円

・譲渡所得税
目安費用:売買益の15~40%程度

・測量費用
目安費用:数十万円程度

・解体費用
目安費用:100万円程度

・仲介手数料
目安費用:売買価格×3%+60,000円+消費税

・繰り上げ返済手数料
目安費用:10,000~30,000円前後

手数料無料で土地買取なら「かたづけレスキュー隊」におまかせ!

「使わなくなった農地を売却したいけれど、どれくらいの費用が必要なのか気になる…。」

「土地に関する専門知識が全くないので、どのような流れで買取を進めるのか詳しく教えて貰いたい…。」

このように、土地買取についてお悩みの方はいませんか?

土地買取は日常生活の中でもあまり馴染みのないことですし、いざ自分のみで売却作業を進めるとなると心配事も多く、どのような対応をするべきなのか迷ってしまいますよね。

上記のようなお悩みを抱えている方々の不安を解消するために、私たち「かたづけレスキュー隊」は心を込めて精一杯サポートさせていただいております。

私たちは手数料無料で土地買取に対応しており、各種公的な必要書類の作成や提出、さらに近隣への挨拶回りまでワンストップサービスで対応することが可能です。

どこの業者よりも安いお見積もりを目指し、作業開始から作業終了まで親切で丁寧なご対応をいたしますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

まとめ


これまで「土地(農地)の売却相場に関わる重要ポイント」をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

土地を売却するときには、情報収集、一括査定、契約・販売の順で行っていきましょう。

また、さまざまな費用や税金がかかってくるため、自分の売りたい土地に何が必要になるのか、しっかりと確認しておくことが大切です。

特に、売却にかかる費用は業者によって異なりますので、必ず見積もりは複数社で行うようにしましょう。

2021年3月24日更新
お問い合わせ TEL.0120-75-1199 大阪市東住吉区針中野3丁目1-25 解体工事 不用品回収 引越しゴミからゴミ屋敷までお引き受けいたします 事務所整理 倒産整理やビル1棟の大規模回収までお任せください 特殊清掃 一つ一つの思い出を大切に整理を行います ハウスクリーニング 掃除のプロがピカピカにします ごみ処理コストの見直し 不動産そのまま買取
対応エリア

大阪府

大阪市・旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区 池田市・泉大津市・泉佐野市・和泉市・茨木市・大阪狭山市・柏原市・門真市・河内長野市・岸和田市・四条畷市・堺市・島本町・摂津市・大東市・高石市・高槻市・忠岡町・豊中市・富田林市・寝屋川市・羽曳野市・東大阪市・枚方市・藤井寺市・松原市・箕面市・守口市・八尾市

兵庫県

神戸市(灘区・東灘区・中央区)・尼崎市・伊丹市・川西市・西宮市・芦屋市・宝塚市

※対応エリア外は一度お問い合わせください。