大阪・兵庫の建物解体工事・不動産買取ならかたづけレスキュー隊

TOP>お掃除コラム>カーポートの撤去にかかる費用の目安は?撤去の手順やメリットについてご紹介!

「台風や地震などの自然災害が影響し、自宅のカーポートが破損してしまった…。」

「長年使っていたカーポートの老朽化が進んだため、新品に交換したい…。」

「車の台数が増えたので、現在のカーポートの大きさでは収まらない…。」

上記のような、カーポートに関するお悩みを抱えてはいませんか?

特に自然災害が影響している場合は、「変形して車の上に落ちてくる」というような被害が起きてしまう危険性があります。

また、カーポートの寿命は約10年間と言われており、使用耐用年数を超えてしまった際には、突然壊れてしまう確率が非常に高まるのです。

今回の記事では「カーポートの撤去」についてご紹介いたします。

撤去の手順、費用の目安、メリットやデメリット等について分かりやすくまとめましたので、カーポートの撤去を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

カーポート撤去の手順・方法について解説!

それでは、カーボートを撤去する際の大まかな手順や方法を解説いたします。

どのような流れで作業が進むのかを確認しておきましょう。

カーポートの撤去方法は2種類ある

カーポートを解体するときの撤去方法は、以下の2種類になります。

1つ目は、柱の基礎部分を残しておく方法。

2つ目は、柱の基礎部分まですべて撤去する方法です。

カーポートの柱は地中に埋まっているため、コンクリートで舗装してあります。

そのため、地中の基礎部分を残す場合には、一旦柱をコンクリートの上の部分で切断し、コンクリートを使って補修する必要があるのです。

また、柱の基礎部分まで撤去する場合は、地中を掘り起こさなければなりません。

大がかりな作業になるので、相場よりも費用は高くなるでしょう。

カーポート撤去時の工事方法・手順は?

基本的には、留められているボルトを外すだけなので、簡単に分解することが可能です。

しかし、柱の根元付近はコンクリートで固定された状態のため、機械を利用して切断する必要があります。

例えばコンクリート上面で柱を切断した場合、切りっぱなしの状態だと見栄えも悪く、どんどん雨水も溜まってしまうので、基本的には補修後に穴埋めをする必要があるのです。

基礎の周辺が土ならばすぐに取り除けますが、コンクリート舗装の中に埋まっている場合は、掘削機械を使って基礎周辺の舗装を取り除かなければなりません。

カーポートの撤去にかかる費用の相場はいくら?

シャッターの開閉も不要で、車をいつでも簡単に出し入れすることができるカーポート。

周りが壁で囲まれているわけでもないので、ガレージよりは安く処分できそうな気もしますよね。

実際カーポートを撤去する場合、費用の相場はいくらになるのでしょうか?

カーポートの撤去費用の相場はどれくらい?

カーポートの撤去は複雑な工事を行うことがなく、他の工事と比べて解体費用はそれほど高くありません。

基本的には、カーポートのサイズ・柱の数に従って相場が変動します。

◇車1台タイプ…約2万~3万円
◇車2台タイプ…約3万~5万円
◇車3台タイプ…約6~7万円
◇基礎の撤去:1か所につき約7,000円~9,000円

上記にプラスして、コンクリートの補修費用がかかります。

基礎の撤去にも費用がかかるので、事前にしっかりと見積もりを行いましょう。

カーポートの撤去はお金をかけずに自分でもできる?

工事費用は決して安いものではないため、「安く撤去を済ませたい…。カーポートはあまり費用をかけずに自分で撤去する事はできないの?」と感じる方もいるでしょう。

カーポートは組み立て式で、接続部分はネジで留められています。

そのため、きちんと工具を準備すれば、業者に頼まずとも個人で撤去することが可能です。

特にDIY経験者の方は、ご自分一人で解体されるケースもよくあります。

ただし、あれだけ高さも大きさもあるカーポートを解体するのは、大変危険な作業です。

倒壊する危険性などの安全面を考慮し、決して作業は一人で行うことなく、複数人で行うようにしましょう。

カーポートを相場内で撤去してくれる業者を探すために

カーポートの解体費用を相場内で抑えるためには、事前に複数の業者から見積もりをしっかりと取ることが重要です。

また、カーポートの撤去だけに限らず、建築物の解体費用は業者によって大きな差があります。

平均で3社以上は見積もりを行うと、さまざまな項目の内容や単価のチェックができるので、業者の検討もしやすくなるでしょう。

カーポートの撤去は業者に依頼すれば良い?自分で行う?

カーポートの撤去は、「業者に頼むか」「自分で行うか」を選ぶことができました。

どちらが良いのか比較するために、両方のメリットとデメリットをまとめてみましたので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

業者に依頼した場合のメリット

まずは、カーポートの撤去を業者に依頼した場合のメリットを見ていきましょう。

・業者はプロなので撤去作業にも慣れており、たったの数時間(短時間)で安全に解体を終わらせてくれる。

・基礎の周囲がコンクリートである等、手作業では取り除けない範囲でも、掘削機械を使って対応してくれる。

・工事が終了した後の廃棄物処理もまとめて対応してもらえるので、依頼主側が手間暇をかける必要は一切ない。

安全に短時間で終わらせることができるので、お仕事が忙しい方や工事に関する知識の少ない方は、ぜひ業者を活用するべきと言えます。

業者に依頼した場合のデメリット

カーポートの撤去を業者に依頼した場合のメリットはただ一つ、お金がかかることです。

処分費用も入れて考えると、大体5~10万円程度の料金がかかります。

用意できないほどの莫大な金額ではないかもしれませんが、小さな額という訳でもないですよね。

少しでも安く抑えたいのであれば、複数の業者に依頼して見積もりを行ってもらいましょう。

自分で行う場合のメリット

次に、自分でカーポートの撤去作業を行う場合のメリットを見ていきましょう。

・費用にお金を掛けなくても良いので、無料で解体作業を終わらせることができる。

・業者に依頼すれば、作業時間はきっちり自宅にいる必要があるけれど、ご自分で作業をする時には、好きなタイミングで進めることができる。

自身の都合に合わせられるのは嬉しいことかもしれませんが、業者に頼むよりも終了までにかなりの時間を費やしてしまうことを忘れないようにしましょう。

自分で行う場合のデメリット

続けて、自分でカーポートの撤去作業を行う際のデメリットです。

・カーポートの重量を考えて、業者では二人以上で作業を行うけれど、一人では安全性の確保が難しいので、撤去時のケガのリスクが上がってしまう。

・解体時にはお金がかかることはないけれど、終わった後に出た廃棄物の処理に費用が発生する。運搬に軽トラなどをレンタルすれば、さらに追加費用がかかってしまう。

完全に無料ですべての作業が終わらせられるわけではないことを、必ず理解しておきましょう。

カーポートの撤去をお考えなら是非かたづけレスキュー隊にご相談ください!

「家のカーポートを撤去したいけれど、どれくらいの費用がかかるのか知りたい…。」

「専門知識が全くないので、自分だけでは解体することができない…。」

上記のように、カーポートの撤去作業についてお悩みの方はいませんか?

日常生活においてもあまり馴染みのない物ですし、いざ自分で撤去作業を進めるとなると心配事もたくさんあり、どのように対応するべきなのか戸惑ってしまいますよね。

そのような悩みを抱えている方々の不安を解消するために、我々「かたづけレスキュー隊」は精一杯サポートさせていただいております。

私たちは家屋やビルをはじめとしたさまざまな建築物の解体工事全般をお請けしており、各種公的な必要書類の作成や提出、さらに近隣への挨拶回りまでワンストップサービスで対応することが可能です。

どこよりも安いお見積もりを目指し、最初から最後まで親切丁寧なご対応をいたしますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

無料見積りはこちらです。

まとめ

「カーポートの撤去工事」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

自分一人でも作業を終わらせることはできるかもしれませんが、安全面を考えると業者を利用するのがベストです。

業者を選ぶ際には、できるだけサービスのクオリティが高く、見積もりの段階から丁寧に話をしてくれるところを見つけましょう。

また、不安なことや疑問点があれば、契約前に相談したり質問したりしておけば、トラブルを未然に防ぐこともできます。

2020年3月31日更新
お問い合わせ TEL.0120-75-1199 大阪市東住吉区針中野3丁目1-25 解体工事 不用品回収 引越しゴミからゴミ屋敷までお引き受けいたします 事務所整理 倒産整理やビル1棟の大規模回収までお任せください 特殊清掃 一つ一つの思い出を大切に整理を行います ハウスクリーニング 掃除のプロがピカピカにします ごみ処理コストの見直し 不動産そのまま買取
対応エリア

大阪府

大阪市・旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区 池田市・泉大津市・泉佐野市・和泉市・茨木市・大阪狭山市・柏原市・門真市・河内長野市・岸和田市・四条畷市・堺市・島本町・摂津市・大東市・高石市・高槻市・忠岡町・豊中市・富田林市・寝屋川市・羽曳野市・東大阪市・枚方市・藤井寺市・松原市・箕面市・守口市・八尾市

兵庫県

神戸市(灘区・東灘区・中央区)・尼崎市・伊丹市・川西市・西宮市・芦屋市・宝塚市

※対応エリア外は一度お問い合わせください。