大阪・兵庫の建物解体工事・不動産買取ならかたづけレスキュー隊

TOP>お掃除コラム>不動産買取とは?不動産売却は仲介と買取どちらにするべき?

新しい土地に引っ越すことが決まって、長年住んでいた家を手放そうかと検討中…。

しかし、売りたい住居の築年数が古いため「適切な価値が付くのかな?」と不安になってはいませんか?

新居に引っ越すときには多くの資金を準備する必要がありますし、販売できるのであれば早急に現金化して貰いたいですよね。

今回は、そのような悩みを抱えている方のために「不動産買取」についてご紹介していきます。

不動産買取業者のメリットやデメリット、口コミや評判も詳しくまとめてみました。

不動産売却の方法には「買取」と「仲介」がある


「不動産売却」と聞くと、「仲介業者と契約を結んで、直接次の買主との話し合いを設けながら売却に向けて進めていく」というイメージが浮かぶのではないでしょうか?

不動産の売却方法はとても奥が深いものであり、大まかに分けると「買取」と「仲介」の二通りから自由に選ぶことができます。

しかしながら、不動産は身近に触れることが少ないですよね。

買取と仲介にはどんな違いがあるの?と疑問に思う方も多いでしょう。

実際の利用時には「手間取ることなくスムーズに不動産売却をしたい!」と思っている方は、しっかりと本記事を読んでポイントを押さえてくださいね。

不動産買取とは?

買取と仲介の違いは、「所有物件(不動産)をだれに売るのか」で決まります。

不動産買取専門の業者や不動産会社が、あなたの売りたい物件を直接買い取ってくれた場合には「買取」

仲介業者に依頼して、あなたの物件を欲しがる相手に売却した場合には「仲介」となるのです。

つまり「買い手に違いがある」ことが分かりましたね。

それでは、不動産買取の方から詳しく見ていきましょう。

即時買取について

不動産の買取方法には2つの種類があります。

一つ目は、不動産会社に即時に買い取ってもらう「即時買取」です。

即時買取は、迅速に対応して貰えるので住居の悩みをすぐに解決できますが、買取価格は安くなるという形になっています。

資金不足でお金がどうしても必要だったり、引っ越し等で急いでいたりと、どうしてもこの状況を早く解決したい方に向いていると言えますね。

買取保証型について

二つ目は、しばらく販売に一定の期間を設けても売れなかった場合、会社が購入すること保証してくれる「買取型保証」です。

買取型保証は、個人のお客さまが現れるまで待つ必要があるので、すぐに住居を売却することはできませんが、即時買取よりも高い値段で売却できる可能性があります。

早急に売り払わなくてもお金に余裕があり、時間にゆとりのある方に向いていると言えるでしょう。

将来的な自分の状況を判断して、買取プランを選択するのがベストです。

不動産買取のメリット

不動産の買取についてご紹介してきましたが、理解していただけましたでしょうか?

仲介と買取では売却における方法が全く違うので、メリットとデメリットも異なるというわけですね。

そこで、仲介と比較した場合の「買取のメリット」を具体的に説明していきたいと思います。

これから満足感のある買取を行うためにも、必ずチェックしてくださいね。

仲介手数料がかからない

仲介を頼んで契約が正式に完了した場合、パートナーとなった不動産会社には手数料を払わないといけない決まりがあります。

売買価格400万以上の場合に用いられる計算式はこちらです。
仲介手数料=(成約した価格×3%+6万円)+消費税

こちらの式を参考に計算すると、もし3,000万以上の受託を購入した場合は約100万円を払うことになるのですよ。

しかし、買取をしてもらう場合には、仲介手数料が一切かかりません。

お得に住居の売却を済ませることができるのです。

手数料の100万円分を浮かせれば、他にたくさんの好きなものが買えます。
外食も気軽に行けますし、旅行の計画も立てられますね。

近所の人にバレないように売却できる

不動産仲介と違って、買取は一般市場を介すことがありません。

自分と不動産会社との取引のみで、作業を完了させることができます。

それゆえ、チラシ等で宣伝する必要性がないのです。

チラシが新聞の折り込みに入ったり、ポスティングで投函されたりする可能性がないということですね。

「ご近所の方や職場の関係者にも知られたくない。」と思っても気にせず売却できるため、バレてしまうのは低確率と言えるでしょう。

すぐに手放せて、現金化しやすい

買取は一般市場を介さないため、すぐに家を手放すことができ、短期間で現金を手に入れることが可能です。

仲介で購入相手を見つけるには、大体3~5か月もの期間を費やすといわれています。

しかし買取の場合には、不動産会社が住居を即決で買い取ってくれるため、最短ならたった1日のみで現金が手元にくるのです。

手続きに長くかかるときでも、1か月以内には売却を終わらせることができるでしょう。

毎日お仕事などで忙しく、時間がない方におすすめですね。

瑕疵担保責任が免除

不動産を購入したり売却する場合には、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」という定められたルールに従う必要があります。

瑕疵担保責任は、1年以内に売却した物件で欠陥(雨漏り・シロアリ・耐震強度等)が見つかれば、損害賠償や契約解除を請求できる法律です。

一方、直接不動産会社に査定を依頼した場合は、瑕疵や不具合を考慮した上で、物件を買い取ってもらえます。

そのため、仲介だと起きるかもしれない、面倒なトラブルに対応するリスクを軽減してくれるのです。

買取は責任も重くならないので、スムーズにやり取りができるでしょう。

現状回復・修復の必要がない

買取の場合には、大きな損傷があっても、修復する必要がありません。

不動産会社が家の状態をきちんと確認し、ハウスクリーニング業者などに依頼して環境を整えてくれるため、売主はその分の費用を払っておくだけでよいのです。

もしも複数の損傷があれば、いくつもの業者に連絡をして修繕をお願いする必要があり、個人で対処するには手間がかかりますよね。

お仕事などで時間があまり取れない方は、ぜひ買取を利用しましょう。

不動産買取のデメリット

不動産買取のメリットについてご紹介してきました。

仲介と比べると金額面も安くなり、手間もかからず良いところがたくさんありましたね。

しかし、買取には気を付けるべきデメリットも存在しているのです。

損をしない取引を進めていくためにも、下記の内容を押さえておきましょう

不動産仲介よりも価格が下がる

「不動産仲介」では売主が負うべきリスクと責任負担を、「不動産買取」では全て負わずに済みました。

メリットばかりに感じるかもしれません–9が、買取は責任面が軽くなるのに代わって、価格が下がるというデメリットがあります。

不動産が再販することを目的に購入しているので、その際のリスクや経費(修繕など)込みで買取価格を査定するからです。

購入してもらえた場合、今後は不動産会社が瑕疵担保責任を負うと考えたら、安くても妥当な金額と言えるかもしれませんね。

不動産仲介とは

不動産買取について見てきましたが、この辺りで仲介のこともおさらいしてきましょう。

こちらは簡潔に言えば、「専門の仲介会社に依頼して物件を買いたいお客さまを探してもらう」という方法でした。

特徴は大きく分けても3つです。

不動産買取よりも瑕疵担保責任を負うため、リスクがありトラブルになる可能性がある。

買主を探す必要があるので、売却の手続きに時間がかかる。

相場の値段で売却できるため、不動産買取よりも高く売れる。

この3つの特徴的なポイントを踏まえた上で、取り引きが完了しても安心感があるのは、「仲介」よりも「買取」と言えるでしょう。

リスクをなるべく負わずに、早く現金化したいなら不動産買取がオススメ!

不動産買取と不動産仲介、それぞれのメリットとデメリットを紹介してきました。

買取には売れるスピードが速い、手数料がかからない、近所や職場に知られない、瑕疵担保責任が免除などたくさんのメリットがありましたね。

それと比較しても、仲介は相場価格で売れることしか大きなメリットがありません。

リスクや責任を負う可能性を少なく、引っ越しに向けて早く資金を用意したいと考えている方は、ぜひ不動産買取を利用しましょう。

不動産買取の査定金額はいくら?買取の流れもご紹介

さて、不動産買取を売却するには「買取」がおすすめと分かりました。

しかし、実際に査定を行った金額はどのくらいになってしまうのでしょうか?

次は買取の流れをご紹介していきます。

買取価格の相場

買取を依頼する場合にかかる相場は、仲介(市場相場)のおおよそ80%です。

不動産の儲けになるのは転売益なので、安く仕入れなければ不動産会社の利益はなくなってしまいます。

しかし、複数回にわたって取引をするのではなく、一括査定を依頼すれば90%程度にまで費用を抑えられるかもしれません。

不動産買取業者の選び方


金額が分かったところで、やっぱり一番気になるのは業者の選び方ですよね。

どれだけ安い料金でしてくれたとしても、サービスの質が悪かったら後悔することもあるかもしれません。

住居はかなり高価なので、思い残すことのない売却をしたいと思うでしょう。

そこで、不動産買取業者を選ぶときのポイントをまとめたのでご覧ください。

複数の業者に見積もりを依頼する

不動産買取業者を選ぶときは、必ず複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

店によって買取のプランがバラバラであり、査定金額が大幅に違う場合があるからです。

高く売れると思っていたのに、手数料を請求されて損をしたというケースはよくあります。

騙そうとする悪徳な業者も増えていますので、絶対に3社程度は見積もりを行うようにお願いします。

また、買取を依頼するときは、渡された書類はきちんと確認して保存しておきましょう。

口コミや評判を調べる

不動産買取業者を選ぶときは、店舗の口コミや評判を調べましょう。

住居というものは、食品や洋服などと比べると値段も高く、決して安い買い物ではありませんよね。

そのため、パソコンやスマホを利用し、インターネットで店舗の詳細を見ておくのをおすすめします。

あらかじめ利用した人の口コミを見る方が、参考になるでしょう。

不動産買取の流れ

不動産買取の流れをカンタンに説明します。

まず、電話するか来社して、売却希望の不動産について相談しましょう。

売る方向で両者の意見が一致した場合、要望や物件の詳細をスタッフに話してください。

聞かれる内容としては、物件のある場所、築年数や間取り、面積数、売却を希望とする金額になります。

ここで、早期に現金化したい方は伝えておくようにしましょう。

話し合いが終わり、条件の確認が終わったら物件の調査に入ります。

現場の立ち合いには必ず付き添いましょう。

調査が完了したら査定に入り、売却の金額が掲示されます。

お互いに納得したら契約となるので、店舗で出された契約書に署名と押印をしてください。

それから、契約から約1か月前後に条件を打ち合わせし、銀行にて決済を行えばすべて完了です。

不動産買取を依頼する場合の注意点

最後に、不動産買取を依頼する場合の注意点をお伝えします。

取り引き中にケアレスミスを起こさないためにも、しっかりとご確認をお願いします。

買取価格は景気によっても変わる

買取価格の相場は、景気によって変動してしまいます。

高く売れる時期を狙うのが理想ではありますが、なかなか見極めるのは難しいと言われています。

それゆえ「いつ頃に売ったら得をするのか損をするのか」を見極める必要があるのです。

しかし、中古物件はあまり高く売れると期待できません。

これくらいで売れたら嬉しいという目安を自分で決めておき、その金額を超えたら売却するのが良いでしょう。

必要な書類

不動産買取を依頼する場合に必要な書類はたくさんあります。

まずは住民票、身分証明書、実印や印鑑証明書など、売主本人を確認する書類。

それから、登記済権利書、固定資産税通知書、土地測量図、建築設計図書、建築確認済み書や耐震診断報告書などが必要になります。

発行しなければならない物もたくさんあります。

契約書に名前を書いたら取り引き完了というわけでもないので、事前に準備を行っておきましょう。

まとめ

不動産を売却方法として「買取」と「仲介」をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

買取の場合は、仲介と比べると価格は安いかもしれませんが、自分の希望通りの条件に沿って、迅速に不動産の現金化をすることが可能でした。

さらに、仲介と比べると瑕疵担保責任もないため、買主とトラブルになる確率も低く、今後についての心配もほぼいりません。

ぜひ、不動産売却の方法には「買取」を利用しましょう。

また、口コミや評判を確認して、信頼できる不動産業者を探すことも重要になります。

ここで学んだ内容を活かし、自分自身が安心して売却を任せることのできる不動産を選びましょう。

2019年9月2日更新
お問い合わせ TEL.0120-75-1199 大阪市東住吉区針中野3丁目1-25 解体工事 不用品回収 引越しゴミからゴミ屋敷までお引き受けいたします 事務所整理 倒産整理やビル1棟の大規模回収までお任せください 特殊清掃 一つ一つの思い出を大切に整理を行います ハウスクリーニング 掃除のプロがピカピカにします ごみ処理コストの見直し 不動産そのまま買取
対応エリア

大阪府

大阪市・旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区 池田市・泉大津市・泉佐野市・和泉市・茨木市・大阪狭山市・柏原市・門真市・河内長野市・岸和田市・四条畷市・堺市・島本町・摂津市・大東市・高石市・高槻市・忠岡町・豊中市・富田林市・寝屋川市・羽曳野市・東大阪市・枚方市・藤井寺市・松原市・箕面市・守口市・八尾市

兵庫県

神戸市(灘区・東灘区・中央区)・尼崎市・伊丹市・川西市・西宮市・芦屋市・宝塚市

※対応エリア外は一度お問い合わせください。