大阪・兵庫の建物解体工事・不動産買取ならかたづけレスキュー隊

TOP>お掃除コラム>家の解体費用の相場はいくら?木造などの構造別で費用を解説

「両親が亡くなって、家が残ったけど維持費もかかるし処分したい」とお考えの方はとても多いです。

ですが、不動産の処分=売却と思っていませんか?

実は、不動産の処分方法は、売却することだけではないんです。

この記事では、家の解体について詳しく解説しますが、記事の後半にとっておきの不動産の処分方法もご紹介するので、最後までしっかりとお読みくださいね!

家の解体費用の目安・相場とは

「空き家問題」と言うキーワードを知らないという方はほとんどいないかと思います。

その名のとおり、空き家問題は「人が住まなくなった家を放置する人が急増し、誰も管理しない家だけがどんどん増えてしまっている」問題のことですが、空き家を放置することはとてもハイリスクです。

不動産がある以上、固定資産税の支払いを続けなければいけませんし、地震や火災などの被災リスクも伴います。

「誰も住む予定のない家をどうしよう…」とお悩みの方にこそおすすめなのが家の解体です。

例えば、大阪府で住宅の解体工事を行う場合、住む地域によって異なりますが、解体費用は木造2階建ての住宅だと100万〜120万円前後になります。

ただし 

・土地が狭く重機が入らない

・浄化槽の撤去やカーポートの撤去が必要

といった場合には、もう少し解体費用が高くなります。

建物の構造で費用が変わる?階層や木造・鉄筋別の費用について

建物がどの素材で作られているかどうかによって、解体費用は大きく異なります。

・一般的な木造住宅 100万〜120万円前後

・小屋 30万〜50万円前後

・鉄骨造の建物 180万円〜350万円前後

・鉄筋コンクリートの建物 100万円〜600万前後

坪数によって費用は大きく異なりますが、目安としては上記のような価格となることが多いです。

解体費用は業者・地域でも変わる 

解体費用は、どこでやっても変わらないと思っていませんか?

実は、家の解体を依頼する業者や住んでいる地域によって費用は大きく異なります。

家の解体には、家を解体するための重機が必要です。

そのため、重機を所有している解体業者に依頼したほうが圧倒的に費用をおさえることができます。

一方、工務店やゼネコンなどのほとんどが解体用の重機を持っていません。

そのため、工務店やゼネコンに家の解体を依頼すると、ほとんどが下請け業者に依頼されることになります。

そうなると、管理費用などがさらに上乗せされるため解体費用が高く付き、場合によっては、相場の倍以上の費用が発生してしまう場合があります。

そのため、家の解体を依頼する前に業者を比較したり、調査をすることは非常に大切です。

アスベストの有無  

アスベストという物質を聞いたことがあるでしょうか。

アスベストは、肺がんなどの重病を引き起こす可能性のある物質で、今でもこの素材が住宅に使われているかどうかが問題になっています。

このアスベストが使われている建物を解体する場合には、まずアスベストを除去する費用が150万円ほどでかかります。

さらに、アスベストを解体する費用がさらに300万円ほどかかるため、計450万円前後の費用が必要になります。

もちろん、業者選びを間違うと費用がもっと高くなる可能性があります。

家の解体費用を抑える5つのポイント

この記事を読んで「家の解体費用を抑えるにはどうしたらいいの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここではついに、家の解体費用を抑えるポイントを5つご紹介します。

複数の会社に見積もりを依頼する

よくやってしまうミスとして「インターネットで検索したら一番上にでてきたし、なんとなく信頼できそうだったから」という理由で選んでしまうことがありますが、あまり調査せずに解体業者を決めてしまってトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

実際に見積もりを依頼すると、ホームページ等に書かれていた料金とは違ったということもよくあるトラブルです。

そのため、ネットの広告などに騙されずに、複数の解体業者に見積もり依頼をするようにしましょう。

また、費用の安さだけで解体業者を選ぶことも絶対にやめましょう。

費用があまりにも安い場合には、きちんと作業をしてもらえない、必要な作業を有料にされて料金を余分に取られてしまうこともあるため、安さだけで解体業者を選ばないようにしてください。

家の解体を依頼するときには、お住まいの地域の解体業者を事前にしっかりと調査しましょう。

繁忙期を避ける

3月〜4月などの年度末、年末年始などは繁忙期のため解体費用が非常に高くなってしまいます。

また、猛暑や梅雨の時期、雨や雪が降る日も解体費用は高くなりがちです。

そのため、家の解体を依頼する際には梅雨に入る前や秋、本格的に冬が到来する前など、できるだけ閑散期を狙って解体を依頼すると解体費用を安く抑えることができます。

家具等は不用品回収業者に依頼して処理をする

解体する家に残ったままの家具は、不用品回収業者に依頼して処分してもらうことをおすすめします。

粗大ごみとして処分するとなると、一人ではできないためどうしても人手が必要となってしまいます。

しかし、不用品回収業者に依頼すれば、家具の搬出から処分まですべて請け負ってくれます。

ただし、とても楽なぶん費用は高くなってしまいます。

自治体に不要品を回収してもらう

家に残っている家具を粗大ごみとして処分し、自治体に不用品を回収してもらう方法もあります。

自分で所定の場所まで家具を運び、処分するとそのぶん費用は抑えられますが、ある程度の人手が必要となるうえ非常に手間がかかってしまいます。

家の解体工事を検討するならこれだけは知っておこう

ここまで記事を読んでくださった方の中には「本格的に家の解体を検討しよう」と思っている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、家の解体を依頼する前に必ず知っておいてほしいことをご紹介します。

更地にすると税金が高くなる

もともと建物が建っていた土地を更地にすると、固定資産税と都市計画税が高くなってしまいます。

土地の上に建物を建てておくことで、「住宅用地の軽減措置特例」というものが適用され、固定資産税は最大3分の1まで、都市計画税は最大3分の2まで減額してもらうことができます。

ですが、家を解体して更地にすると固定資産税と都市計画税の減額を受けることができなくなってしまいます。

その結果、今まで支払っていた固定資産税と都市計画税よりもかなり高い金額になってしまいます。

これが実は、空き家が増えてしまっている原因の一つとなっています。

家の解体工事より費用を抑えられる不動産買取がオススメ

家の解体も不動産を処分する方法としておすすめですが、もっとおすすめなのが不動産買取です。

実は、家を解体するよりも不動産買取をしてもらったほうが費用を抑えられるんです!

家の解体をすると、どうしても税金が高くなってしまいますよね。もちろん、家の解体費用そのものだって決して安い金額ではありません。

一方、不動産買取の場合、仲介手数料や印紙税や所得税、住民税などがかかりますが、不動産を購入した金額よりも売却した金額のほうが安ければ税金は課税されません。

危険な空き家に係る解体・撤去の補助金を利用する

空き家を解体する際には、補助金の利用ができるということをご存知でしょうか。

お住まいの都道府県や自治体ごとに補助金の内容は変わりますので必ずお住まいの地域の補助金の内容について調べておくことをおすすめします。

例えば、大阪府東大阪市の場合は

補助を受けるには、以下の1~7すべての要件を満たしていることが必要です。

1 申請者は1名とし、空家等対策の推進に関する特別措置法第2条第2項に規定する「特定空家等」(ただし、同条第3項に規定する命令に係る部分を除く)または、住宅地区改良法第2条第4項に規定する「不良住宅」(災害により著しく損壊し建築物でなくなった住宅を含む)に該当する空き家を解体する者であること。

2 申請者が空き家の所有者と異なる場合、もしくは、空き家の所有者が複数の場合には、本補助事業を行うことについて協議が整っていることを原則とし、本補助金を受けて解体することについて、不利益を受けることになるすべての者から承諾を得ていること。

3 補助金の交付決定日までに、解体工事に着手していないこと。

4 補助金の申請年度内の3月15日または、3月15日が休日の場合は直後の休日でない日までに解体工事の完了報告の提出が見込まれること。

5 同一物件の解体に関して、本市における各事業の補助金の交付を受けないもの。

6 解体する空き家に所有権以外の権利が設定されていないこと。ただし、所有権以外の権利が設定されている場合で、当該権利の権利者が当該空き家の解体について同意しているときは、この限りでない。

7 申請者は、暴力団もしくは暴力団員または暴力団密接関係者でないこと。

引用元:東大阪市

補助金額

(1)~(3)で算定した額のうち、最も低い額が補助限度額となります。

(1)補助対象空き家の解体に要する費用【業者見積額】(税抜)×補助率(4/5)

そのため、結果的に家の解体よりも不動産買取のほうが費用を抑えられるケースが多いです。

短期期間で売却可能

不動産買取を依頼すると、短期間で売却することができます。

早ければ数日、どんなに時間がかかったとしても数週間で売却し、お金を手にすることができるため早く現金がほしい方にはとてもおすすめです。

現状有姿のまま不動産を売却できる

なんと、不動産買取の場合現状のまま売却することができます。

家の解体をする際には、家具を処分するために不用品回収業者に依頼したり、自治体に処分してもらうために自分たちで外に運び出す必要などがありますが、不動産買取を利用すればそういった手間を省くことができます。 

もちろん、家具の処分にかかる費用もかかりません!

近所に内緒に不動産を売却できる。

近所の方に家を手放すことを知られたくないという方は非常に多いです。

そんな方にも、不動産買取はとてもおすすめですよ。

家の解体をする場合には、どうしても大きな音がしますし、家を壊すところはどうしても目撃されてしまいます。その結果、ご近所の方に不動産を処分するということがわかってしまいます。

一方、不動産買取業者に依頼すれば、業界の中だけで不動産を処分するなど、広告に載せることなく不動産を処分してもらうことが可能です。

そのため、近所の方に家を処分することを知られにくくすることができます。

不動産買取はコチラから

まとめ

いかがでしょうか。家の解体も不動産を処分する方法としておすすめではありますが、中には「いますぐ現金がほしい!」「周りの人に家を手放すことを知られたくない」という方もいると思います。

そんなときは、不動産買取を利用すれば費用も抑えることができますし、あなたの悩みを解決できるかもしれませんよ!

2019年7月31日更新
お問い合わせ TEL.0120-75-1199 大阪市東住吉区針中野3丁目1-25 解体工事 不用品回収 引越しゴミからゴミ屋敷までお引き受けいたします 事務所整理 倒産整理やビル1棟の大規模回収までお任せください 特殊清掃 一つ一つの思い出を大切に整理を行います ハウスクリーニング 掃除のプロがピカピカにします ごみ処理コストの見直し 不動産そのまま買取
対応エリア

大阪府

大阪市・旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区 池田市・泉大津市・泉佐野市・和泉市・茨木市・大阪狭山市・柏原市・門真市・河内長野市・岸和田市・四条畷市・堺市・島本町・摂津市・大東市・高石市・高槻市・忠岡町・豊中市・富田林市・寝屋川市・羽曳野市・東大阪市・枚方市・藤井寺市・松原市・箕面市・守口市・八尾市

兵庫県

神戸市(灘区・東灘区・中央区)・尼崎市・伊丹市・川西市・西宮市・芦屋市・宝塚市

※対応エリア外は一度お問い合わせください。